**アキバ在住OLの日々**


御徒町出身、アキバ在住OLです。アキバ在住ですが、アキバ系ではありません。雑記Blog。
by xxx_zunzun_xxx
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


アウトバック バー&グリル 品川店@品川

GW飲んだくれ日記第2弾!

ゴクゴクの日イベントの打ち合わせの為、
会場であるアウトバック バー&グリル品川店へ。

主催の千恵さんと一緒にサポートスタッフをしているmeguちゃんと。
meguちゃんとは、連ちゃん!

少し遅れて、千恵さんのご主人も参加し、お店の方と最終打ち合わせをした後、
フリートークで楽しみました。

かなり飲んだし。
かなり話したし。

すごく楽しかったし。


c0194193_14523639.jpg

左は、お店名物のブルーミン・オニオン。
どうやって作るんだろう?!
家では無理ね。

c0194193_14551487.jpg

チキンステーキ。


それはさておき、本題。

ゴクゴクの日がいよいよ迫ってきました!
若干、席に余裕があるので、今から参加も大歓迎です!(5月5日現在)

● 2010年5月9日(日)@品川 アウトバック バー&グリル 品川店にて
● 会費5900円
● 募集人数59人
● 夕方5時9分スタート、7時終了(早起きさんや、家が遠い方も安心!)
● ビール59リットルを飲み干す!(ソフトドリンクやカクテルもありますのでご安心を)
● おすすめおつまみ(乾き物)をみんなで選び、勝手に表彰

詳細やお申し込みは、こちらからどうぞ。


今回は、ビアジェンヌ幹事陣が、サポートスタッフとしてお手伝いしてます。
ビアジェンヌについては、まだこのBLOGで書いていませんね……
近いうちに書く予定ですが、とりあえずMixi内のコミュニティ
見ていただければ。


ゴクゴクの日、なんとか成功させたい!!

いや、成功するに違いない!
[PR]

by xxx_zunzun_xxx | 2010-04-30 23:59 | グルメ(その他)

ヴルストマルクト@六本木(ミッドタウン)

GW 飲んだくれ(?)日記第1弾!

GW初日、4月29日にお酒大好きなmeguちゃんと一緒に、
ミッドタウンで開催中のイベント『ヴルストマルクト』へ。

当日はとてもよいお天気。
お休みの日に、青空の下で、お酒を飲むなんて、なんて幸せなのでしょう。

1杯目は、今回一押しドリンクのワインショーレ。
ワインと炭酸をハーフ&ハーフにした、ヴルストマルクト現地での
名物的な飲み物らしいです。

c0194193_149195.jpg


私は、ロゼを飲んだのだけれども、甘くなくて、
爽やかな飲み口で、こんなお天気の昼下がりにぴったり!

スパーリングとは違った飲みやすさで、
ワインはちょっとアルコールが強すぎる! って人も大丈夫なのでは?!
自宅でも、ちょっと暑い日は、こんな飲み方するといいかも。

今年の夏は、自宅で、カチ割りワインやワインショーレで楽しもう。

さて、おつまみは、大きなドイツウィンナー4本とザワークラフトとプレッツェルが
のったプレート(3000円)をオーダー。
ちょこちょこ頼むよりも、オススメの盛り合わせの方がお得かなぁ~と思って。

c0194193_14181244.jpg


ウィンナー好きには、たまらなかったです。
ザワークラフトとプレッツェルも大好きだし。
美味しかった!

ちなみに、ワインの価格は、800~1200円くらい。
もちろん、もっと高いものもあります。

コストパフォーマンスは、全体的に高い感じはするけれども、
美味しかったし、なみなみと入れてくれるので、まぁヨシとしましょう。


ドイツでは有名なイベントと書いてあったので、すごく期待をしていたのですが、
日本発上陸ということもあり、意外にこじんまりとしてた感じ。
5月9日まで、やっているようなので、ご興味ある方は是非。
※詳細は一番下に書いておきます。

c0194193_14253524.jpg



この後、恵比寿へ移動して、買い物をして、また飲んで……と1日を過ごしました。

大満喫!


●『ヴルストマルクト』とは……(引用元

それは600年ほど前、各地を回る巡礼者のために巡礼教会が
ソーセージとワインの市を立てたのが始まりです。
州立浴場で開催されるこのマルクト(市)は、昔「聖ミヒャエル市」という
名称でありましたが、莫大な量のソーセージが消費されることから
『ヴルストマルクト』と改名され、今もその名が残されています。

なかでも、ドイツワイン街道の歴史ある小さな街バート・デュルクハイム
(Bad Durkheim)で行われる『ヴルストマルクト』は今年で594回目。
世界最大のワイン祭りと謳われ、『ヴルストマルクト』の期間に
街を訪れる人数はおよそ60万人と推定されており
一大観光イベントとなっております。


【会場】
ミッドタウン・ガーデン 芝生広場

【開催日時】
2010年4月28日(水)~5月9日(日)
(平日)16:00~22:00 ※L.O. 21:30
(土・日・祝)12:00~22:00 ※L.O. 21:30
[PR]

by xxx_zunzun_xxx | 2010-04-29 23:55 | 日々のつぶやき

ネイル・チェンジ ~クロスフレンチ~

c0194193_17452949.jpg


右手人差し指のネイルが、80%くらい剥がれてしまい、
営業職としてはそんな状態で商談へ行けないので、
即効でチェンジしてきました。

美しい爪先に、女の幸せは宿ると思っているので、
爪は常にキレイにしておきたい。
例え、ネイルができないときでも、爪先には気を配りたい。

手の表情も、美しく! ね。


今年に入ってから、“清潔感”のあるデザインを
モットーにしているのですが、今回は少し派手かな?!

新人研修のアテンドも、一旦終了するので、
GWだし、ちょっと派手にしちゃいました。

ベースは、クロスフレンチ。
パール系ホワイト(私がリクエストして作ってもらった色)がメインで、
淡いパープルでクロスして、パープル系ラメラインまでがベース。
マーブルとストーン(3色とも色が違う)は、オプションで。

ここ最近、ホワイト系かピンク系だったので、
パープル系だと、少し大人っぽいイメージになるね。

まぁ、そもそも大人ですから。
[PR]

by xxx_zunzun_xxx | 2010-04-23 07:44 | キレイmemo(美容関連)

理由

c0194193_2371881.jpg


彼女のお父さんは、カメラが大好きでした。

ど素人にも関わらず、ライカやニコンのカメラを買い、
娘の写真を年中撮っていました。

決して、上手い写真ではないけれども、
被写体に対しての愛がありました。

その写真を見れば、それが分かります。


彼女の部屋には、大好きなお父さんが撮ってくれた、
お気に入りの写真を飾ってあります。

そして彼女は、今日もまた、
カメラをバックに忍ばせて、出かけていきます。

彼女のバックには、仕事へ行く時さえもカメラが入ってます。

彼女は、“好き”な被写体にしか、レンズを向けません。
例え、それが食べ物だったとしても。

そして、そこにいない誰かに、
その素晴らしい景色や瞬間を見せたいときも、
シャッターを押します。

被写体に“愛”を感じたとき、
誰かに何かを伝えたいとき、
彼女はシャッターを押します。


日常の中で、
沖縄の海の中で、
私はシャッターを押す。

そんな写真を、ここでアップしていきます。


---------------------------------------------------------------------------

この2枚の写真は、自分が写っている写真の中で、最高に好きな写真。
白黒の方は2~3歳くらいで、カラーは幼稚園に通い始めた頃。

ちなみに、メインの写真のフレームは、自分でデザイン&作りました。

左奥の写真は、2年前。
パーマをかけようか迷っているので、
この写真を見ながら、考え中。

今の髪は、色も含めて地毛。

ストレートすぎて、夏はまとめ髪のアレンジが少なくなるので、
パーマをかけようか迷っているのです。

どうしましょう。

話反れちゃった。
[PR]

by xxx_zunzun_xxx | 2010-04-23 02:55 | PHOTOLOG

ランニング・シューズ

を、ようやく買いました。

寒いのはパス。
日焼けもイヤ。
(沖縄では日焼けを気にしないのに……)

これまで、ジムのトレッドミルで、
ひたすらモルモット的なランニングをしていましたが、
そもそも年内にフルマラソンのチャレンジを掲げている以上、
そろそろ外に出る頃だろうと思って。

機械で足を測定してもらって、スタッフさんに合う靴を3足出してもらい、
結果的にアシックスのNew Yorkに決めました。
サイズは、通常版でも大丈夫だったのだけれど、
色が気に入って、Ladies Wideモデルを購入。

NIKEは、かかとのフィット感がイマイチで即落ち。
靴に対するメーカーの考え方が違うので、作りが全く違うとのこと。
なるほど。


NBと最後まで迷ったけれども、最終的には、
日本人だから日本のメーカーにしようと思って。

機械で足を測定してもらって、分かったことがいくつか。

●甲が高いと思っていたけれども、平均的(よりも若干下)だった。
●外反母趾は、自分が思っている以上にひどい。
●偏平足気味傾向も、自分が思っていた以上にひどい。
●かかとの傾斜角度がひどすぎる。
●高校時代よりも、足が1cm以上小さくなっている。

実際のスキャンデータは、Mixi日記にアップしてあるので、
そちらをご覧くださいませ。

長時間、気持ちよく走ることを考え、インソールも購入。
もう少し本気で走り始めたら、オーダーメイドでほしいな。

ジムで少し履き慣らしてから、お外デビュー予定。


あとは、時計が欲しいな。

時計といえば、ダイコン(ダイブコンピューター)も欲しいのだけれども、
使用頻度と価格のバランスを考えると、我慢かな。
沖縄行きが決まる度に迷っているけれども、今回も保留予定。

ランニング用の時計と、ダイコンが一緒になっていれば、
即買いするのに!! と思ったけれども、
そもそも用途が異なるので、重さとか大きさが違うから、無理か……

ダイコン、もう少し安ければいのに。


話が反れました。

買った靴はこちら。

c0194193_22403.jpg


写真ではカラー部分がオレンジ色っぽいけど、実際はラメ系レッド。

お外デビューはいつかしら。
[PR]

by xxx_zunzun_xxx | 2010-04-23 02:30 | 日々のつぶやき

THE BLIND SIDE(しあわせの隠れ場所)

今宵は、充実の1日!

昨晩、帰る途中に右手人差し指の爪が折れていることに気付き、
急遽ネイルサロンの予約を金曜→水曜に変更し、
せっかくなので午後半休にして、レディースデーで映画を観て、
さらにジムで汗まで流して帰ってきました。


映画は、『THE BLIND SIDE』を観ました。
サンドラ・ブロックが、アカデミー賞をとった作品。

あんな女性になりたい! 女として、妻として、母として。
そう思えた、久々の作品。

真実がベースだからこそ、すごく元気になれた。

生き方とか、価値観とか、立ち振る舞いにすごく共感。
このまま自分を信じて進もうと励まされました。

仕事もそれなりに成功しているのだけれども、
家族と目を合わせた瞬間、仕事の電話を切る姿。

夫も素敵だし、子どもたちもよい子たちで、
愛情をしっかり受けて育った人たちは、
他人にも愛情を与えることができると、再認識しました。
万国共通ですね、これは。


真実をベースにした話が好きで、
女性が主人公の話は特にチェックしていますが、
『エリン・ブロコビッチ』を抜きました。

『エリン・ブロコピッチ』もいい話なんだけれども、
どちらにより共感するかと言えば、『THE BLIND SIDE』。

『ブリジット・ジョーンズの日記』好きは、『エリン・ブロコビッチ』。
『アリー my love』や『SATC』好きは、『THE BLIND SIDE』。
って感じかな。
主観ですが。

真実がベースで、笑いと涙があるところがいい!

“愛”と“ユーモア”と“パッション”は、私の人生のモットーで、
この映画にはその全てが詰まってる。

“愛”と言っても、男女間の愛だけでなく、
家族愛とか、友情とか、仲間(チーム、組織など)とか、隣人とか、その全て。
様々な“愛”が、上手く表現された、素敵な映画。

エンドロールで実際の人物たちの写真が何枚も出てくるのだけれども、
その写真を見ると、俳優陣の役作りの完璧さがわかる。

久しぶりに、プログラムも買ってしまった。
とにかく素敵な映画だったので、DVD出たら買うと思う。


特に、女性にオススメの映画。

“強く” “優しく” “信念を貫いて” 生きたい女性へ。

こんな生き方をしたいし、
こんな家族がほしい&作りたい!
そんなことを思えた映画。


ところで、この作品も、『マイレージ・マイライフ』も、
原題のままの方が良かったと思うんだけどな。

英語苦手な私ですが、そう思う。
[PR]

by xxx_zunzun_xxx | 2010-04-22 02:11 | Cinema

何を見てるのかな?

c0194193_1205185.jpg


じーーっ。
[PR]

by xxx_zunzun_xxx | 2010-04-17 01:21 | 王子写真館

うとうと

c0194193_116335.jpg


私が寝るまで、寝床を暖めておいてくれる。
[PR]

by xxx_zunzun_xxx | 2010-04-17 01:18 | 王子写真館

2010年 映画鑑賞リスト

現段階で、2010年に鑑賞した作品は下記の通り。
※()内は鑑賞した日にち。

【映画館で鑑賞】
インビクタス(2/24)
私の中のあなた(2/4)
マイレージ、マイライフ(4/13) 
バレンタインデー(2/12)

【おうちで鑑賞】
タイタンズを忘れない(3/5)
ラスベガスをぶっつぶせ(3/12)
お買い物中毒のわたし(1/30)
ヒトラーの贋札(3/13)
フィクサー(1/31)
噂のアゲメンに恋をした(3/14)


オススメ順に、リストアップしてます。

オススメ映画のレビューは、気が向いたらアップします。
[PR]

by xxx_zunzun_xxx | 2010-04-16 06:35 | Cinema

UP IN THE AIR (マイレージ、マイライフ)

今年は、映画を年間36本観ようと目標を立てたので、
月平均3本鑑賞ノルマがあります。

ロードショーだけでなく、DVDもOKだけれども、
1度観たものや、我が家にあるDVDコレクションは除きます。


今年10本目に観た映画は……
『Up in the Air(邦題:マイレージマイライフ)』。
監督:ジェイソン・ライトマン
出演:ジョージ・クルーニー、ヴェラ・ファーミガ、アナ・ケンドリック


ヒューマンドラマと書いてある記事もありますが、
この映画はコメディだと思う。

仕事一筋の人が、自分の人生を取り戻していく様子は、
どうも自分に置き換えて観てしまうので、“ズシン”とくるわけです。
思い切り共感するし、物語に引き込まれてしまう。

しかし、仕事一筋の人って、なんで男性しか表現されないのだろう。
今時は、むしろ女性の方が多くいるかもしれないのに。
そして、女性の方が、問題は深刻なのに。

主人公の職業は“リストラ通告人”で、
実際の失業経験者たちが何人も出てきて、
そのコメントがかなりリアルなので、
失業者は心穏やかに観られないかも。

で、助演女優が2人いるのですが、1人は34歳(同じ年)の設定で、
またそこが重かった。

彼女も仕事をバリバリやっているのだけれども、
実は……って設定で、私から言わせれば、「ありえない!!!」って
感じだけれども、設定は“ありえない”でも、
立ち振る舞いとかセリフは“わかる”(共感ポイント複数)
って感じで、そこも“ズシン”ときた。

途中、22歳(か分からないけれども、新入社員)女子と、
彼女の会話があるのだけれども、
心臓を鋭いナイフでえぐられる感じ。

自分とこももちゃんの関係と、年齢もダブるし、
女性の世代間の価値観(結婚観)の違いを目の当たりにできる。

こももちゃんと、そんな話はあまりしないけれども、
これが現実だろうな……と思ったし、
国は違っても、世代が持つ価値観は同じなんだな、と思った。

ちなみに、こももちゃんとは、仕事上でトレーナーをしている
2009年度新入社員の女の子です。
4月から独り立ちってことになっているので、
表面的にはトレーナーとトレーニーの関係は卒業しましたが、
実質的にはその関係が続いてます。


話を戻すと、25歳の頃から8年くらい、すごい勢いで走り続け、
その結果、失ったもの、諦めたものがある私としては、
この手の映画は、深く考えさせられます。
そして、ついつい観てしまう。

“ワーク・ライフ・バランス”って言葉は、
あまりに使われすぎて、安っぽくて、好きではない。

ただ、仕事とプライベートのバランスって、
人ぞれぞれ価値観の相違があるので、正解はないけれども、
“その時々”のバランスを大事にすべきだと思う。

特に女性は、年齢やステージによって、仕事との距離間は
どんどん変化するので、過去に固執することなく、
周囲に助けてもらいながら、公私を充実すべきではないか、と。


今なら、わかります。

気づくのが、少し遅い気もしますが……
失ったもの、諦めたものを、取り戻し中。

取り戻せるかな?
[PR]

by xxx_zunzun_xxx | 2010-04-16 06:30 | Cinema